2014年1月19日日曜日

2013年のベスト・ディスク10枚

1.Nicholas Krgovich “Nicholas Krgovich”


No KidsやGigiなどのグループで活動しているNicholas Krgovichのソロ作品。2013年の1月に購入してからずっと聴き続けている。彼のことはこのアルバムで初めて知ったが、No Kidsのアルバムもとても良かった。
メロディーもアレンジもとても洗練されていて完成度が高い。都会の夜の音楽。夜中にドライブしながら聴いたら最高だろう。“The Backlot”や”Cosmic Vision”は本当に素晴らしい曲だ。



2.James Brake “Overgrown”


春頃にはあまり聴かなかったが、秋あたりからよく聴いていた。寒いときに一人で聴くとこのアルバムの良さが手に取るように分かる。
1stアルバムも良かったが、ボーカルの存在感が増し、メロディーも良くなったこのアルバムのほうが断然好きだ。前半の“Retrograde”までの流れは最高。最後の“Our Love Comes Back”も素晴らしい。



3. 長谷川健一『423』



長谷川健一はここ数年の自分の中で麓健一と同じくらい大切な歌い手だ。『星霜』や『凍る炎』のように暗めの歌詞が好きだったので、このアルバムの優しく温かみのある歌詞に初めは馴染めなかった。でも結婚生活を送っているうちにだんだん共感できるようになった。
東京に住むようになってから何度も長谷川健一のライブを観に行っているが、いつか彼の本拠地である京都でライブを観たい。きっと聴こえ方が違うだろうと思う。



4.Nils Frahm “Spaces”


2年間の膨大なライブ音源をコラージュして作られた作品。どんな編集をしているのかよく分からないのだが、ただのライブアルバムには聴こえないところがこの作品の不思議で魅力的なところだ。
是非とも来日公演を観に行きたかったが、ちょうど同じ日に妻のお父さんとお母さんが東京に来て、一緒に年末ジャンボを買ったりスカイツリーに登ったり酒を飲んだりしていたので行けなかった。



5. 細野晴臣『Heavenly Music』


2012年と2013年の京都音楽博覧会での演奏が素晴らしくて、それまではあまり興味がなかったのに、好きになった。カバーアルバムだけどアレンジが良い。ライブでもとにかく演奏が楽しそうだった。



6.Nicked Drake “Wreith"


Gareth DicksonがNicked Drakeという名義でリリースしたアルバム。全曲がNick Drakeのカバー。2013年はNick Drakeにはまってよく聴いていたので、とても良いタイミングでこのアルバムと出会うことができた。




7.James Blackshaw & Lubomyr Melnyk “The Watchers"


James Blackshawは、”Love Is The Plan, The Plan Is Death”という素晴らしいアルバムを聴いてからすっかりファンになった。”The Watchers"はLubomyr Melnykとの共作で、即興演奏。12弦ギターとピアノの音の粒がシャワーみたいに自分に降り掛かってくる感じがして本当に気持ちいい。



8.Oneohtrix Point Never “R Plus Seven”


前衛音楽を聴くのはけっこう疲れるものだが、かなりポップで聴きやすい。
特に2曲目の”Americans”は次から次へと新しい情報が耳に入ってくるのに、その配列がとても美しいと思える。前作の”Replica”も素晴らしかったが、比べ物にならないほど進化している。こんな音楽、どうやったら思いつくのだろう。



9.Vampire Weekend “Modern Vampires Of The City”


1作目からのファンだったが、3作目にしてやっと長く聴けるアルバムを出してくれて嬉しかった。歌詞は今までのアルバムより難しいので、何を言っているのかよく分からないところが多くて悔しい。



10.Peter Broderick “Float 2013”


Peter Broderickの2008年の1stアルバムをNils Frahmがリマスタリングした作品。
2012年の”These Walls Of Mine”のような個性的なアルバムのほうが好きだけれど、これもとても良い。ピアノとストリングスの音でしんみりしたいときにはうってつけのアルバム。



0 Comments:

コメントを投稿