2014年1月19日日曜日

2013年のベスト・ディスク10枚

1.Nicholas Krgovich “Nicholas Krgovich”


No KidsやGigiなどのグループで活動しているNicholas Krgovichのソロ作品。2013年の1月に購入してからずっと聴き続けている。彼のことはこのアルバムで初めて知ったが、No Kidsのアルバムもとても良かった。
メロディーもアレンジもとても洗練されていて完成度が高い。都会の夜の音楽。夜中にドライブしながら聴いたら最高だろう。“The Backlot”や”Cosmic Vision”は本当に素晴らしい曲だ。



2.James Brake “Overgrown”


春頃にはあまり聴かなかったが、秋あたりからよく聴いていた。寒いときに一人で聴くとこのアルバムの良さが手に取るように分かる。
1stアルバムも良かったが、ボーカルの存在感が増し、メロディーも良くなったこのアルバムのほうが断然好きだ。前半の“Retrograde”までの流れは最高。最後の“Our Love Comes Back”も素晴らしい。



3. 長谷川健一『423』



長谷川健一はここ数年の自分の中で麓健一と同じくらい大切な歌い手だ。『星霜』や『凍る炎』のように暗めの歌詞が好きだったので、このアルバムの優しく温かみのある歌詞に初めは馴染めなかった。でも結婚生活を送っているうちにだんだん共感できるようになった。
東京に住むようになってから何度も長谷川健一のライブを観に行っているが、いつか彼の本拠地である京都でライブを観たい。きっと聴こえ方が違うだろうと思う。



4.Nils Frahm “Spaces”


2年間の膨大なライブ音源をコラージュして作られた作品。どんな編集をしているのかよく分からないのだが、ただのライブアルバムには聴こえないところがこの作品の不思議で魅力的なところだ。
是非とも来日公演を観に行きたかったが、ちょうど同じ日に妻のお父さんとお母さんが東京に来て、一緒に年末ジャンボを買ったりスカイツリーに登ったり酒を飲んだりしていたので行けなかった。



5. 細野晴臣『Heavenly Music』


2012年と2013年の京都音楽博覧会での演奏が素晴らしくて、それまではあまり興味がなかったのに、好きになった。カバーアルバムだけどアレンジが良い。ライブでもとにかく演奏が楽しそうだった。



6.Nicked Drake “Wreith"


Gareth DicksonがNicked Drakeという名義でリリースしたアルバム。全曲がNick Drakeのカバー。2013年はNick Drakeにはまってよく聴いていたので、とても良いタイミングでこのアルバムと出会うことができた。




7.James Blackshaw & Lubomyr Melnyk “The Watchers"


James Blackshawは、”Love Is The Plan, The Plan Is Death”という素晴らしいアルバムを聴いてからすっかりファンになった。”The Watchers"はLubomyr Melnykとの共作で、即興演奏。12弦ギターとピアノの音の粒がシャワーみたいに自分に降り掛かってくる感じがして本当に気持ちいい。



8.Oneohtrix Point Never “R Plus Seven”


前衛音楽を聴くのはけっこう疲れるものだが、かなりポップで聴きやすい。
特に2曲目の”Americans”は次から次へと新しい情報が耳に入ってくるのに、その配列がとても美しいと思える。前作の”Replica”も素晴らしかったが、比べ物にならないほど進化している。こんな音楽、どうやったら思いつくのだろう。



9.Vampire Weekend “Modern Vampires Of The City”


1作目からのファンだったが、3作目にしてやっと長く聴けるアルバムを出してくれて嬉しかった。歌詞は今までのアルバムより難しいので、何を言っているのかよく分からないところが多くて悔しい。



10.Peter Broderick “Float 2013”


Peter Broderickの2008年の1stアルバムをNils Frahmがリマスタリングした作品。
2012年の”These Walls Of Mine”のような個性的なアルバムのほうが好きだけれど、これもとても良い。ピアノとストリングスの音でしんみりしたいときにはうってつけのアルバム。



2014年1月13日月曜日

2013年の映画ベスト10



1. ホーリー・モーターズ(レオス・カラックス)
http://www.holymotors.jp/
レオス・カラックス13年ぶりの長編映画。劇中で主人公が役者をやめない理由を聞かれて「行為の美しさ」と言うように、リムジンの中で様々な姿に変身し、外に出るとその役を全身で演じきるドニ・ラヴァンの姿がとても美しい。メルドがゴジラのテーマ曲をバックに墓の花を貪り食う場面が最高。


2. ムード・インディゴ〜うたかたの日々〜(ミシェル・ゴンドリー)
http://moodindigo-movie.com/
ボリス・ヴィアンの『うたかたの日々』は大学時代に卒論のテーマにしてしまうくらい好きな、思い入れのある小説だ。小説の世界の基礎になっている即興的な言葉遊びがとてもうまく表現されていたし、ミシェル・ゴンドリーの原作への愛がよく伝わってくる映画だった。原作にはないが、大勢の人がタイプライターを打ち、そこから物語が生まれてくる冒頭のシーンは本当に素晴らしかった。


3. トム・アット・ザ・ファーム(グザヴィエ・ドラン)
http://tiff.yahoo.co.jp/2013/jp/lineup/works.php?id=W0004
東京国際映画祭で上映されたグザヴィエ・ドランの最新作。友人の葬式のために農場を訪れた主人公が、友人の兄により危険な状況に追い込まれる。乱暴な友人兄に対して主人公が抱く気持ちが、恐怖から服従へ、そして「好き」へと変わっていく様にゾクゾクした。


4. イングマール・ベルイマン3大傑作選+秋のソナタ(イングマール・ベルイマン)
http://www.bergman.jp/3/
3大傑作選の作品は『第七の封印』、『野いちご』、『処女の泉』の3つ。2013年はベルイマンの生誕95周年で、ユーロスペースでは『秋のソナタ』や『サラバンド』も上映していた。『サラバンド』は残念ながら見逃したが、『秋のソナタ』を観たときは凄まじい映画だと思った。


5. 女っ気なし(ギヨーム・ブラック)
http://sylvain-movie.com/
もさっとして女っ気のない男が、バカンスを過ごすために海辺にやってきた親子へ恋愛感情を抱く話。併映された『遭難者』でもそうだが、この主人公がとにかく優しくていいやつで、好きにならずにはいられない。


6. マイ・マザー(グザヴィエ・ドラン)
http://www.ikilledmymother.net/
グザヴィエ・ドランの処女作。19歳でこんな完成された映画を撮ってしまう才能に驚く。<J'ai tué ma mère.>(僕は母を殺した)という原題だが殺したり肉体的に傷つけるわけではなく、主人公は母親を言葉で傷付けている。息子は母親に逆らいながらも決して離れられず、本当は好きでたまらないのだということを映画が言っていたような気がする。


7. わたしはロランス(グザヴィエ・ドラン)
http://www.uplink.co.jp/laurence/
2013年の後半はドラン監督にハマった。これは『トム・アット・ザ・ファーム』と『マイ・マザー』に比べるととても長く、それだけ分かりやすい作品だった。2月公開の『胸騒ぎの恋人』もとても楽しみだ。


8. 消えたシモン・ヴェルネール(ファブリス・ゴベール)
http://www.kietasimon.com/
サントラはソニック・ユース。学園もので、登場人物それぞれの視点から同じ場面を描く手法は「桐島、部活やめるってよ」にそっくりだが、こちらのほうが先だ。最後はなんだかなーという終わり方だったがそれでも面白かった。


9. コズモポリス(デヴィッド・クローネンバーグ)
https://ja-jp.facebook.com/COSMOPOLIS413
Yahoo!映画のユーザーレビューが酷評だらけ…。でも僕は好きだ。主人公が床屋で髪を切っているシーンや、銃を手にして延々と語り続ける最終シーンの緊迫感がたまらない。


10. ムーンライズ・キングダム(ウェス・アンダーソン)
http://moonrisekingdom.jp/
ウェス・アンダーソンの映画には少し飽きてきたような気もするが、やっぱりこの色使いは好きだ。クラシック曲の多いサントラは彼の作品の中でもこれがいちばん良かった。2014年にも新作「グランド・ブダペスト・ホテル」http://www.foxmovies.jp/gbh/が公開予定で、楽しみだ。