2011年12月31日土曜日

2011年のベストアルバム

大晦日なので、今年好きだった音楽をまとめてみた。
昨年と同じようにランキング形式で。



20. シャムキャッツ - GUM


最近好きになった日本のバンド。なんかかわいい。





19. Julian Lynch - Terra


Julian Lynchは前作が大好きだった。少し聴きづらくなったような気もするけど、これも好きだ。





18. Ogre You Asshole - homely


これの前に出た「浮かれている人」の路線で来るのかと思ったけどこのアルバムはまた違った。「ライフワーク」は朝の通勤時によく聴いた。





17. Joan Of Arc - Life Like


Steve Albiniプロデュース。Joan Of Arc以外の何物でもない音楽。
音の面では変わり映えはしないけれど、前向きな曲が多くて良い。





16. Thundercat - The Golden Age of Apocalypse


毎朝目覚まし代わりに聴いてた。元気が出てくる。





15. Cant - Dreams Come True


Grizzly BearのChris Taylorのソロ。思ったより暗かったけれど、好きな曲が何曲かある。
PVの監督はデヴィッド・リンチ。





14. Dirty Projectors+Bjork - Mount Wittenberg Orca


Dirty ProjectorsとBjorkの組み合わせ、本当によく合っていると思う。





13. 二階堂和美 - にじみ


大友良英さん、遠藤ミチロウさん、和合亮一さんが発起人となった「プロジェクトFUKUSHIMA!」の音楽フェスで、泣きながら演奏する二階堂さんを見て、こんなに福島の人のことを思ってくれているのかと感動した。「お別れの時」と「めざめの歌」は今年最も泣かされた曲。





12. salyu×salyu - s(o)un(d)beams


坂本慎太郎が歌詞を書いた「続きを」が素晴らしい。七尾旅人が歌詞を書いた曲もいい。





11. Gil Scott Heron&Jamie XX - We're new Here


フジロックでJamie XXのDJを観られたのは今年のいい思い出。
でも眠くて途中で帰った気がする。





10. Owen - Ghost Town


楽しみだったOwenの新作。Owenの曲はだいたい彼の経験からできている。今作では子供のこと、家庭のことを歌っていて、僕の日常からはどんどん離れていく。僕は未だに"I Do Perceive"の頃の女性への恨み節みたいな曲を愛聴している。いつかOwenのように家庭を持って、しっかりした父親になりたい。





9. Oorutaichi - Cosmic Coco,Singing for a Blllion lmu’s Hearty Pi


今年の始めあたりによく聴いた。元BattlesのTyondai Braxtonのソロのようなスケールの大きい音楽。全曲すごくいい。





8. cero - WORLD RECORD


年の瀬に友人から借りて、大好きになった。「大停電の夜に」とか「Outdoors」が好き。





7. 坂本慎太郎 - 幻とのつきあい方


ゆらゆら帝国解散後の初のソロ作。ドラムとベースにミュートをかけているそうで、音が鳴った瞬間にぽろぽろこぼれていく感じがして面白い。「君はそう決めた」の歌詞が自分にとって大きな意味を持つような出来事がここ2日で起きて、大切な曲になった。





6. Gang Gang Dance - Eye Contact


前作よりもっと妖しい感じになってる。1曲目の"Glass Jar"からたまらない気持ちに。7曲目の"Romance Layers"も好き。





5. 埋火 - ジオラマ


最初は声があまり好きではないと思ったけれど、聴いているうちにどんどんはまった。「テレパシー」という曲が好きだ。
「溺れる魚」のPVには好きな俳優の関口崇則さんが出演している。





4. Nat Baldwin - People Changes



Dirty ProjectorsのメンバーでもあるNat Baldwinのソロ。前作よりもいろんな奏法を使っていて、曲のアレンジも面白くなっている。





3. Toro Y Moi - Underneath The Pine


今年の前半はこればっかり聴いていた。去年に続いて「チル・ウェイヴ」という言葉が流行ったけれど、全然ついていけなかった。でもToro Y Moiだけは大好き。





2. Skeletons - People



Animal CollectiveやDirty Projectors、Grizzly Bearに次いで、アメリカのインディーで好きなバンド。単純に、かっこいい。ボーカルのMattはCongotronics vs Rockersにも参加していて、フジロックにも出演した。いつかバンド形式のライブを見てみたい。





1. 麓健一 - コロニー


麓健一は東京に住み始めてから好きになった。旧作も含めて、この人の歌に本当に救われている。声も歌詞も、この人以上の人はいない。このアルバムはバンドメンバーと一緒に録音されていて、前作『美化』とは音が全く違っている。特にスッパマイクロパンチョップのドラムが、曲の世界観を大きく拡げていると思う。先日のタワレコ新宿店でのライブも素晴らしかった。






以上です。
それでは皆さん良いお年を。
来年もよろしくお願いします。