2011年10月2日日曜日

長谷川健一@下北沢lete 2011/10/01

フジロックでの感動が忘れられず、京都のシンガーソングライター、長谷川健一さんのライブをまた観に行った。
元々は、東京に来てから大好きになった麓健一さんのブログを辿って見つけたのだが、フジロックで初めてライブを体験して以来、すっかりはまってしまったのだった。

場所は下北沢のlete。20人くらいしか入れない、とても小さな会場。マイクを使わず、アンプにも繋がない、生音のライブだった。

前半と後半に分けて、20曲以上は歌ったと思う。最近毎日聴いている歌が多くて嬉しかった。初めて聴く歌も何曲か。

前半は「声」から始まった。マイクを通さずじかに聴く声に鳥肌が立つ。
それから「会えない人」、「空の色」、「ユリイカ」、「凍る炎」、「夜明け前」と大好きな曲ばかりが続く。前半だけで大満足。
後半は「新しい一日」という曲から。「白い旗」、「423」、「また明日」などまた良い曲が続く。知らない曲も多かった。久しぶりに歌ったらしい「再会」という曲が良かった。演奏にも熱が籠っていて。京都のガケ書房の通販サイトで調べたら自主制作盤の『ランドマーク』というアルバムに入っているみたいだ。今度買おう。

長谷川健一さんの声は本当に好きだ。芯が太く、力強い。でも同時に、小刻みに震えている。歌詞もそうだ。聴いているときの気分によって、前向きにも後ろ向きにも聞こえる。
フジロックのときは気分が沈んでいたので「空の色」や「夜明け前」が悲しくて仕方なかった。今回はなんか背筋が伸びたような、前向きになれたような、そんな感じ。

ライブ後に少し話させてもらった。話し方は柔らかくて優しいし、歌は最高だし、本物の男前。ハセケンさんみたいな男になりたい。
また再来月は東京でもライブがあるみたいなので、観に行きたい。


「白い旗」



「空の色」



「再会」

0 Comments:

コメントを投稿