2011年8月9日火曜日

奈良、大阪、京都

7/16
三連休。奈良に行ったことない、行こう、って木曜日くらいに決めて、行ってきた。
出発前日の金曜日に風邪を引いたけど、行くしかなかった。どうしても一人旅がしたかったから。


奈良へようこそ

お寺を巡って、良い空気を吸った。東京では味わえない空気。
この日泊まった宿はトイレ、風呂共同の古くて安い宿。汚かったけどまあ楽しかった。
風呂上がり、風邪でだるいので冷えピタを貼ってぼんやりとテレビを見ていると、京都の祇園祭の中継が放送されていた。 京都では楽しそうな祇園祭をやっているのに、なんで俺は奈良の汚い宿で冷えピタを貼って寝込んでいるのか。考えないわけにはいかなかった。


7/17
奈良のお寺は綺麗だけど、せっかくだから大阪にも行ってみたくなって、電車で1時間くらいかけて大阪へ。
ずっと気になっていたSTANDARD BOOKSTOREに行ったら、それはもういい本屋で、眺めているだけで楽しかった。ちょうどこの日に林央子さんの『拡張するファッション』出版記念のトークイベントがあったのでチケットを買った。東京では何か都合があって行けなかったのだ。
トークイベントが終わった後、カフェで一休みした。STANDARD BOOKSTOREのカフェは本屋とは思えないほど広い。そこで未購入の本を読んだりもできる。とても居心地が良い。こんな本屋を自分で開けたら最高だな。


シャレオツなカフェで読んだ本は文学でも旅行記でもなく…『かんさい絵ことば辞典』

この日はまた奈良に戻って、昨日と同じ安宿で寝た。冷えピタを貼って、寝た。


7/18
三連休の最終日、奈良から東京へ帰るには京都から新幹線に乗らなければならない。
じゃあ京都の街にも寄っていこうと思った。

恵文社に行ったら甲斐みのりさんの展示があったので、甲斐さんが選んだ可愛らしい物や、甲斐さんの著作をずっと眺めていた。昨日の林央子さんの話と繋がっていると思った。僕は昨日から彼女のこと、彼女とこれからどう暮らして行こうかずっと考えていた。

京都から東京に帰る新幹線の中でも、ずっと考えていた。東京が近付いてきたら、頭の中が濁ってしまったけれど。